自己破産は二回目も可能?不可能?

自己破産は二回目も可能?不可能?

MENU

自己破産は二回目も可能?不可能?

自己破産は債務を帳消しにする「債務問題解決の最終手段」とも言える存在です。
裁判所に認められさえすれば、その人がどのような金額の債務を抱えていたとしても、それを一定条件のもとで帳消しにしてくれるわけですから、返済不能の状況に陥っている人にとって、生活再建のこれ以上ない強力な味方となってくれることは間違いありません。
ですが自己破産は債務者を救うと同時に、債権者には甚大なダメージを与えることも事実です。
あまりにも簡単に自己破産が認められると、日本の金融は正常に機能しなくなります。
特に二回目の自己破産となると、一回目とは異なる条件が設けられることが少なくありません。
では二回目の自己破産で注意したいチェックポイントは何かと言うと、まず最もチェックしたいのが「二回目の手続きまでの経過期間」です。
原則として、自己破産を行う際には「七年」が経過していなくてはならないのです。
どうしても手続きを行わなくては生活再建ができない場合は特例として認められることもありますが、原則は七年の期間が必要となります。
また破産手続きが完了するまでには裁判官の免責許可を受ける必要があり、二回目の手続きとなると、裁判官の判断基準はかなり厳しいものとなります。
初回の手続きはすんなりと進んだという場合であっても、二回目になると様々な点を追及されたり、最悪の場合は免責不許可という決断が下され、債務の減免が行われないこともあります。
自己破産はあくまでも最終手段であり、気軽に利用できるものではないということはしっかりと理解しておきましょう。