自己破産後の生活※天国?地獄?

自己破産後の生活※天国?地獄?

MENU

自己破産後の生活※天国?地獄?

自己破産は借金の返済が困難となった際に、換金できる資産を換金してしまい、その資金で借金の返済をするというものですが、当然自己破産後には、それ以前とは様々な変化がありますので、どのように生活に影響があるのか見ていきましょう。

まず自己破産後には家や車が無くなってしまいます。そのほかにも高価なものであればあるほど、換金して借金に充てることとなりますので、それらの物はすべて失うこととなります。原則としては99万円を超える現金と、時価20万円を超えるものに関しては対象となります。ただし家具や洋服などの生活必需品に関しては99万円以下の現金に関しては対象外となります。

自己破産後の生活は、信用情報機関のブラックリストに登録がされますので、新たに借金をしたりローンを組むことができなくなります。また、それだけではなくクレジットカードを作ることもできなくなりますので、ブラックリストから削除されるまでは利用することができなくなります。ちなみに自己破産をすると7年から10年はブラックリストとして登録されています。

自己破産後の家族の生活はどのようになるのかというと、当然家や車などを失いますので不便になりますが、家族の所有物に関しては対象となりませんので、手放す必要はありません。ローンを組むことやクレジットカードを作ることに関しても家族の方は問題なく行うことができます。ただし連帯保証人になっていた場合には利用できなくなりますので注意してください。